良い不動産を見つけるためには、良い不動産会社を選ぶのがその第一歩です。

不動産会社には、全国に多くの店舗を展開している多店舗展開型と、地域密着型の2種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

多店舗展開型の不動産会社のメリットのひとつには、不動産を広範囲で探してもらえる、というものがあります。
このようなタイプの不動産会社は、支店と簡単に連絡を取り合うことができますので、自分の希望の物件を見つけやすいのです。

また、店の雰囲気が明るいというのも、このタイプの店舗のメリットです。

若い社員が多いため、雰囲気が明るいのだそうです。

一方、このタイプの不動産会社のデメリットは、
会社全体の対応マニュアルがあるために融通が利かない、しつこい営業をされね場合がある、というものです。

一方、地域密着型の不動産会社にもいろいろなメリットがあります。

待機密着型の不動産会社の一番のメリットは、その地域の不動産の情報に精通しているということです。
これと関連したメリットに、掘り出し物の不動産が見つけやすいというものもあります。

このタイプの不動産会社は、地元の物件の大家と親しい関係にあるため、このような物件を見つけやすいのだそうです。
また、融通が利くという、多店舗型の店舗のデメリットと対照的なメリットも持ち合わせています。

地域密着型の不動産会社のデメリットとしてあげられるのは、地元以外の不動産は探してもらえないということてす。
物件の取り扱いエリアが狭いこともデメリットといえるでしょう。